皆さんはエステと聞くと女性向けの物を思い浮かべるかもしれませんが、最近では男性向けの物も流行っています。そうしたメンズエステサロンの施術内容にはオイルトリートメントという物があるのですが、名前だけ聞いても何の事だか分からないという方も多いと思います。トリートメントとは要するにマッサージの事なのですが、日本では他人に施術するマッサージを看板に掲げるのであれば、あん摩マッサージ指圧師等の国家資格を保有していなくてはなりません。そうした事情から施術内容をトリートメント(英語で治療法という意味)と名乗っているのです。

ではそうした免許を持たず施術を行う人たちには免許を取れるだけの技術が無いのかというと、決してそんな事はありません。アロマセラピー等のオイルトリートメントを行う方々はセラピストと呼ばれるますが、そうしたセラピストを養成する学校というものはしっかりあります。あん摩師等の方が身に着ける技術とオイルトリートメントで重要視される技術は、施術内容から言ってまた違う物となります。なので、そうした資格を取らずにセラピストの学校に通い、必要な技術を身に着ける事を優先とした、という程度の違いしかありません。どちらの施術者もプロである事に違いはないのです。

そうした理由でマッサージやトリートメントなど素人から見たら同じような内容なのに、いくつも言葉があるという状況になってしまっている訳です。どちらの施術も社会生活で疲れた心身を癒してくれるものですが、特にオイルトリートメントではアロマオイルを使用する事が多いので心の疲れを癒してくれる事でしょう。そんな癒しのオイルトリートメントについて、特にメンズエステの利用者の視点から紹介していきます。